「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

神道 感謝のこころ

a0002763_4395665.jpg『神道 感謝のこころ』
・著者:葉室頼昭
・2000年8月31日 第1刷発行
・発行所:春秋社

僕がいま学んでいる日本回復整体総合学院から推薦され、さっそく購入して読んだ。
この著書の内容は、同学院で学んでいることそのものであると感じた。
そして、自分がなぜこの仕事に生涯をかけて取り組むのか、その強い動機を再確認することができた。

著者の葉室先生は、もともとはお医者様でありながら、春日大社の宮司を務められた方である。
最先端の医療現場で感じられたことを基盤に、宮司としてのご経験をあわせ、日本人として今いかに生きるべきかを、わかりやすく説いておられる。

以下、同著のあとがきより抜粋させていただく。

日本人は昔から、全てのものと一緒に生きるという共生という考えを持って生活してきましたので、世界の人たちには見られないような素晴らしい自然観・人生観を持つようになりました。そして縄文時代より約二万年も祖先たちがそれを伝えてきましたが、戦後それらをすべて捨てて、アメリカなどの影響で物質第一主義の、なにごとも頭で考える日本に変わってしまいました。
何とか日本人の原点に復って、素晴らしい日本のこころに目覚めてもらいたいと思い、短編の文章をいろいろ書いてきましたが、このたび、それらをまとめて出版することになりました。
すべての日本人に読んでいただきたい良著である。
[PR]
by hotshark | 2008-09-27 04:50 | 本について

技術があってこそ・・・

髪を切るため、昨日チェーン展開をしている近所の理髪店へ行った。
ここは価格も比較的安いし(シャンプー込みで1,800円)、早く済むのでありがたいのであるが、仕上がりはイマイチである。

特に今回は思うところがあり、いつも以上に短く刈ったため、仕上がりはイマサンくらいになった。
我ながら、けっこう悲惨な髪型である。
仕上がりがかなり雑で、左右の形が違うし、特に左側はデコボコになっている。
ジェルをつけて固めても、ベースが悪いので、ごまかせない。
鏡を見るたび暗い気持ちになるので、何をするにも勢いがのらない。

で、思い立って、久し振りに、昔よく行った美容室に行ってみることにした。

お店の名前は、「美容室アリス」。
僕が住むこのくずはの町で、ご夫婦で長いあいだお店をやっておられる。
僕が最初にお邪魔したのは大学入った頃だから、もう30年近く前のことだ。
ちなみにその時は、俳優の松田優作さんに憧れて、カーリーヘアにしてもらった。

最後に行ったのは、10年近く前になるだろうか。
息子二人を連れて、何回か通った。
しかし、家計の事情から安いチェーン系理髪店に行くようになって、まったくご無沙汰してしまっていた。

アリスのご主人は、昔から技術にこだわっておられた。
事実、技術が確かであり、いつも僕の細かい注文を理解して、望み通りの仕上げをしてくれた。
それを覚えていたので、このどうしようもない髪型も何とかしてくれるのではないか、そう考えてすがることにした。

店へ入った瞬間、ご主人は僕の顔を忘れておられるようだった。
名前を名乗り、少し話をしたら、ようやく思い出してくださった。
屈託のない笑顔と話し方は、30年前のままだ。
ご夫婦ともに、いつまでも若々しく、まったく変わってらっしゃらないように見える。
それが、とても嬉しかった。

事情を話し、何とかして欲しいとお願いをした。
ご主人は、僕の悲惨な髪型を見て、事情を察したようだ。

ショートヘアは技術が問われるそうだ。
特に僕のように頭の形が悪い場合、それをカバーしつつ仕上げるのは、相当高度な技術が必要だそうだ。
さらに顔の特徴や大きさなども配慮し、トータルでよく見せることができる技術者は、本当に少なくなっているとのことだ。
そこまで技術を追求しないのが、最近のこの業界の風潮だそうだ・・・

30分足らず、昔話や近況報告などをしながら、テキパキと作業を進めてくださった。
昨日の時点で短く切られた箇所は補いようがないが、現状で最良に見えるカタチにまでもってきてくださった。
さすがこの道数十年、技術にこだわってこられただけのことはある。
他者にどう見えるかはともかく、自分として納得のできる髪型になったのが、とても嬉しい。

料金は、2,500円だった。
昨日の店と、たった700円の差である。
僕は、もうこのアリス以外には行かないと決めた。
[PR]
by hotshark | 2008-09-10 18:23 | いわゆる日記

永澤寺 秋季一泊参禅会

a0002763_14104472.jpg

9月6日(土)~7日(日)に、兵庫県三田市にある永澤寺(ようたくじ)にて開催された一泊参禅会に行ってまいりました。

申し上げるまでもなく、武道あるいは武士道と禅は、非常に密接な関係があります。
武人の精神修養において、禅の教えや実践は、たいへん重要な役割を担ってきたと思います。
そのため私も以前より、特に座禅には強い関心をもっておりました。
しかし、ハードルが高く、なかなか実践できないでおりました。

それが、今般ある方(mixiで知り合いになった合気道修行者)のご紹介により、今回の好機を得ることができました。
おかげさまでこの二日間、たいへんに素晴らしい体験をさせていただきました。
感動と感謝の連続であり、多くの学びと気付きがありました。
この素晴らしい機会を提供くださった永澤寺様、ご紹介くださった方、そして一緒に参禅された皆様には心より感謝をいたしております。
たいへんありがとうございました。

More
[PR]
by hotshark | 2008-09-08 16:51 | 整体師日記