<   2004年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

今日は、会社を休んだ・・・

日曜日の夜、突如、下痢と嘔吐に見舞われた。
特に下痢がひどく、水状態。
しかし、他の家族はまったく大丈夫なので、食べ物にあたったわけではないらしい。
そして、発熱。

翌日、夜が明けても、調子が悪い。
でも、どうしても提出しなければならないものがあり、欠席できない会議もあったので、出勤した。
定時過ぎに会社を出て、早々に帰宅。
その夜は、信じられないくらいにぐっすり、長時間眠れた。
今朝、まだ熱がひかない。
下痢はおさまったようだが、今日は会社を休むことにした。

僕は、医者へ行くのが嫌い。
別に注射が怖いわけではない。
でも、できれば行きたくない。
嫁さんは医者へ行くことをすすめたが、インフルエンザでもなさそうなので、行かなかった。

考えてみたら、今日は僕の誕生日だった・・・
ま、今日の休みは、神様がくださったプレゼントかな(笑)
[PR]
by hotshark | 2004-11-30 21:06 | いわゆる日記

ラウンドワン

a0002763_657499.jpg昨日、はじめて「ラウンドワン」へ遊びに行った。
子供たちが「卓球がしたい!」と言い出したので、ふらりと出かけた。
“遊戯施設のついたボーリング場”くらいの認識だったが、行って驚いた。
ここは、屋内型総合レジャー施設だ。
特に4・5階の「スポッチャ/レジャースタジアム」は、大人1分12円、子供1分8円の課金で、遊び放題。
卓球、ローラースケート、エアホッケー、バッティング、ミニゴルフ、ガンシューティング、アーチェリー、バスケットゴール、各種ゲーム機器・・・なんでもありという感じである。
幼児を遊ばせる設備もあり、そこにはリラックスマッサージチェアが設置されている。
一人250円のフリードリンク。
家族4人で、2時間、へとへとになるまで遊んで、5,000円強。
下手な遊園地へ行くよりは、コストパフォーマンスは良いと思う。
[PR]
by hotshark | 2004-11-28 06:38 | いわゆる日記

昇級審査が近いので、

a0002763_2131739.jpg稽古に気合いが入る長男。
今回の審査に受かれば、緑帯になる。
ところで、息子たちが通う道場の青年部の方々は、本当に気持ちの良い方ばかり。
息子たちをはじめ、後輩に対して、優しく、厳しく、親身になって接してくださる。
本当にありがたいことで、心から感謝している。
[PR]
by hotshark | 2004-11-27 21:31 | 移動日記

新幹線の中で、

a0002763_10533919.jpg夢中で本を読んでいた。
ふと目を窓の外にやると、そこには神々しいまでに美しい富士山の姿があった。
富士山が僕に声をかけた、そうとしか思えない瞬間であった。
[PR]
by hotshark | 2004-11-24 10:53 | 移動日記

椛の湖オートキャンプ場レポート(10)「南木曽温泉郷、そして帰路」

a0002763_16315385.jpgキャンプ場を出て、国道19号線~256線を南木曽方面へ向けて走る。
目指すは、南木曽温泉郷。
「また風呂かい」という嫁さんの嫌味など、まったく気にならない。
僕は風呂が好きで好きで仕方ないのだから。

途中、少し道を間違えたが、
[PR]
by hotshark | 2004-11-23 09:13 | キャンプ・旅行日記

椛の湖オートキャンプ場レポート(9)「撤収」

a0002763_6582968.jpgなかなか起きてこない子供たちを起こし、ぼちぼち片付け始める。
テントと異なり、撤収が本当に楽だ。
朝飯は、昨夜の残り物。
鍋の残りにうどんを放り込み、おにぎりと一緒に食べる。
a0002763_7174661.jpgウッディハウスの窓から見える風景。
本当にしつこいが、これで湖に水があったら・・・
今回のキャンプで残念だったのは、この1点に尽きる。
春にはテントを持ってキャンプに来ようとも思っていたが、印象が悪すぎる。
a0002763_7124974.jpgウッディハウスの前庭から、下の広場へ降りられるようになっている。
下の広場には子供のための遊具がいくつか設置されている。
食後は、子供たちはそこで遊んでいた。

10時ちょうどにチェックアウト。
料金はしめて10,750円(チェックアウト時支払い)。
リーズナブルな価格だと思う。

椛の湖オートキャンプ場レポート(10)「南木曽温泉郷、そして帰路」へ続く。
[PR]
by hotshark | 2004-11-23 07:21 | キャンプ・旅行日記

椛の湖オートキャンプ場レポート(8)「場内散歩 その2」

a0002763_6184563.jpg■11月21日(日)
夜中、何度も目が覚めた。
やはり、かなり冷え込んでいる。
隣で寝ている長男がシュラフを蹴飛ばして寝ている。
彼はすごく寝相が悪い。
長男をシュラフの中へ押し込む・・・
そうこうしているうちに、夜が空けてきた。

そして・・・
[PR]
by hotshark | 2004-11-23 06:40 | キャンプ・旅行日記

椛の湖オートキャンプ場レポート(7)「団欒」

a0002763_229426.jpg入浴後、コテージへ戻り、ほっと一息。
僕は缶ビールで喉を潤す。
最高のひととき。

義母と子供たちは、トランプやジェンカ(積み木崩しゲームのようなもの)に興じる。
最近やや気難しくなってきた長男も、義母にはやさしい。
義母も子供たちも、本当に楽しそうだ。

a0002763_22101639.jpg今回は、嫁さんが晩飯の支度をしてくれることに。
今夜のメニューは、豆乳鍋。
加えて、多賀サービスエリアで買った柿の葉寿司や道の駅で買った漬物等で、簡単に済ませる。

食後は、全員でババ抜きやジェンカを楽しむ。
そして、星空ウォッチング。
外灯が明る過ぎて、星が見えにくいのが、残念。
それでも、都会の空とは比較にならないくらい、星がたくさん、大きく見える。

椛の湖オートキャンプ場レポート(8)「場内散歩 その2」へ続く。
[PR]
by hotshark | 2004-11-22 22:18 | キャンプ・旅行日記

椛の湖オートキャンプ場レポート(6)「入浴、売店」

a0002763_16283526.jpg今回の楽しみのひとつ、キャンプ場内に設置された風呂。
家族を連れ、16時過ぎに行ってみた。
センターハウスで料金を支払い、デッキを渡って、浴室棟へ。
案の定、我々以外は誰もいない。
貸切状態である。

高野槙で作られた浴槽は、非常にいい香りがする。
運転に疲れた身体に、とても気持ちいい。
しかし、重ね重ね残念なのは、湖である。
下りていた風呂の窓のシャッターを上げて外をのぞくと、やはり見えるのは荒涼とした湖底。
これで満水であったら・・・本当に残念である。

*入浴料金は、大人400円、子供200円(いずれも税込み)。

a0002763_6223710.jpgセンターハウスにある売店は、キャンプ用品が充実している。
SnowPeakやColeman製品が中心。
非売品のランタンやトリプルバーナー、旧型番の製品等、普段行くキャンプ用品店には置いていない、珍しいものもチラホラ見かける。
思わず財布の紐がゆるみかけるが、ぐっと我慢する。

椛の湖オートキャンプ場レポート(7)「団欒」へ続く。
[PR]
by hotshark | 2004-11-22 16:35 | キャンプ・旅行日記

椛の湖オートキャンプ場レポート(5)「場内散歩 その1」

a0002763_20443257.jpg今回はコテージ泊であったが、テントサイトも気になるところである。
到着して一段落してから、嫁さんと一緒にキャンプ場内を散歩することにした。

ここは、“ビギナーからベテランまで楽しめるキャンプ場”というふれこみだったが・・・
[PR]
by hotshark | 2004-11-22 16:06 | キャンプ・旅行日記