<   2004年 10月 ( 55 )   > この月の画像一覧

本日の稽古日記 10月31日

a0002763_2114519.jpg本日は、昇級審査を実施した。
5級、4級、3級、2級がそれぞれ数名ずつ。
僕のその頃と比較すると、みなさん上手である。
特に、ご夫婦で稽古を続けておられるS夫妻の奥様は、驚くほど上手になられた。
今後がたいへん楽しみである。

審査終了後、いつも通り稽古をする。

後肩取りの入り身投げ。
後から肩を掴まれたと同時に裏拳で当身を入れ、入り身をする。
当身を入れた手で相手の腰を撫でおろすと同時に、もう一方の手で顎に当身を入れる。
このブログを愛読してくださっている、ベテランH嬢と一緒に稽古。
彼女は、僕との身長差は30センチ以上、体重は僕の約半分だが、あっさり崩される。
さすが熟女、男の腰を砕くのがうまい(笑)

先生から、技の解説。
「相手の反射神経に反応させないこと」
簡単そうで、難しい。
しかし、難しいと思うと、ますます難しくなる。
素直がいちばん。

a0002763_212234.jpg稽古終了後、近所の焼肉レストランで親睦会を開催。
今回は、34名が参加。
Y先輩が幹事をしてくださり、いつもと異なる趣向を盛り込んでくださった。
また、新たなメンバーも加わり、とても楽しいひとときであった。

先生が、親睦会の席で、「楽しく、日常生活に役立つ合気道」を改めて強調されていた。
僕も、まったく同感である。

合気道をやっていて本当によかった。
いまの先生に出会え、いまの仲間に出会えて本当によかった。
その思いを強くした一日であった。
[PR]
by hotshark | 2004-10-31 20:53 | 合気道稽古日記

スタイラス(stylus)

a0002763_6435635.jpgスタイラスとは、PDAを操作したり文字入力するためのペンのこと。
CLIEの英和辞典をひくと、「stylus = 1 尖筆、鉄筆 2 針;指針 3 筆状突起」とある。
もちろん、PDA購入時には標準のスタイラスが付属している。
しかし、これがほとんどの場合使いにくい。
持ちにくかったり、すべりが悪かったり。
人がボールペンの書き味にこだわるように、PDA使いはスタイラスの書き味にこだわる。
それにしても、今までにいったい何本のスタイラスを買っただろう。
この写真に写っているのは、ほんの一部の「使いやすい~まあ使える」レベルのもの。
店頭では「使える」と思って購入しても、実際使ってみるとそうではないものが多い。
[PR]
by hotshark | 2004-10-31 06:38 | 手帳について

子供たちを迎えに

a0002763_17513035.jpg枚方市民会館へ。
長男が通う学習塾の「国語発声コンクール」が開催されている。
時間があるので、久しぶりに枚方市駅近辺をうろつく。
しかし、どことなくもの悲しい街だなあ、ここは・・
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 17:51 | 移動日記

Hi-Note

a0002763_165388.jpgもっとも重宝しているパームウェアのひとつである、「Hi-Note」
いわゆる“アウトラインプロセッサ”である。
僕は、このソフトを利用して日記をつけている。
また、防備録としても利用している。

a0002763_1695368.jpgこのパームウェアは、「PC Hi-Note」というパソコン用ソフウェアトと連携ができる。
つまり、パーム上で入力した文章をパソコン上で編集ができ、その内容を再度パームへ反映させる・・・ということができる。
これも、大きなメリットである。
ところで、このPC-Hi-Note、パソコンで使うアウトラインプロセッサとしても、よくできている。
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 16:12 | 手帳について

日記の魔力

a0002763_13282599.jpg『日記の魔力』
この習慣が人生を劇的に変える
・2004年8月30日 第1刷発行
・著者:表 三郎
・発行所:サンマーク出版

僕は、数年来、ずっとPDAで日記をつけている。
だが、ここ数ヶ月、あまり日記がつけられなくなった。
明確な理由はなく、書きたくなくなってしまったのだ。

そんなとき、立ち寄った書店で目にとまったのが、この本。

この著者は、30年以上日記を書き、読み返すことを習慣としているそうだ。
そこから得られた効用や考察が、書かれている。

日記は書くだけでなく、読み返すことが必要だ。
日記を書きそれを読み返すことが、自己との対話を深めることになる、という。
僕が日記を書いたり、またこのブログに記事を投稿し続けるのは、まさに自己との対話がしたいからであり、本当の自分を見つけたいという思いからだ。

また、その結果、大いなる智慧の源泉にアクセスできる、という。
著者は、「問いのプール」と呼んでいるが、そこへ日記を書き、読むことにより、いろんな問いを放り込む。
それを続けることによって、向こうから答えがやってくる。

また、この著者は、パソコンで日記を書いている。
その理由はさまざまだが、ひとつは肉筆ではなく「活字」で書くことで、過去の日記を客体化しながら読み返せるからだという。
僕も、まったく同じ理由で、PDAに書いたり、ブログに投稿したりしている。

この本を読んでから、日記が完全復活した。
しかし、神様は実にタイミングよく、必要なものを与えてくださるものだ。
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 13:27 | 本について

もう一度乗りたいクルマ。

a0002763_108438.jpg1991年から5年間乗った、ローバーミニクーパー

重いハンドル、重いクラッチ、入りにくいミッション・・・
教習所を出てからオートマ車しか乗ったことなかった嫁さんには、苦労をかけた。
休みのたびに、車が少なく道の広い場所へでかけ、練習をさせた。

地上最低高が低く、サイドウィンドウから外を見ると、すぐそばに地面が見える。
大柄な僕は、ハンドルを股にはさむように抱え、まるでゴーカートを運転しているようだった。

とうとうフルモデルチェンジしてしまった、ミニ。
面影は残してはいるものの、まったく別物だ。

いつか、あのミニに、もう一度乗りたい・・・
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 10:08 | クルマについて

Graffiti

a0002763_9482916.jpgパームデバイスは、Graffitiと呼ばれる特殊文字で入力をする。
Graffitiとは、一筆書きのアルファベットや数字のようなものである。
スタイラス(stylus)を使ってこれを専用入力エリアに書き、ローマ字で文章入力する。

僕は、パームデバイスを使う前は、SHARPのZAURUSを使用していた。
ZAURUSは、日本語入力であった。
つまり、入力エリアに漢字やひらがなを直接書いて文字入力をする。
日本語は機械にとって認識が難しく、まず候補をあげ、そこから選択するという面倒くささがあった。
それでも、こんなものかと慣れてきた。

はじめてGraffiti入力を体験した時は、非常に衝撃的であった。
認識ミスがほとんど起こらない。
しかも、認識が速い。
夢中になって入力し、一日かからずにGraffitiを覚えた。
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 09:59 | 手帳について

画像がアップロードできない!

今朝からずっと、画像をアップロードしようとすると、

アップロードに失敗しました。もう一度お試しください。

というエラーメッセージが出る。
何度試しても、同じやっちゅうに。
他の方の記事を見ても同様のことを書かれている。
また、別のサイトなら問題なくアップロードできるので、エキサイトブログの問題だと思う。

まあ、ええか。
しばらく待とう。

で、今日は土曜日。
仕事はお休み。
この前の日曜日、自分の部屋をきれいにしたので、嫁さんから、

「じゃ、今週は、寝室をお願いね」

と言われている。
でも、寝室を掃除したくても、アンタが寝てたらできないよ~
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 08:26 | いわゆる日記

これでいこう!

これからの手帳、あれこれ悩んだが・・・

いま使っているCLIEのバッテリーを交換することにしようと思う。
何度か利用したことがあるPDA工房というショップが提供しているバッテリー交換サービスを利用する予定。

新品以上にバッテリーがパワーアップするというが、果たして・・・
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 06:52 | 手帳について

合気道と合氣道

どう違うか。

「気」と「氣」の違い。
「気」は、「〆る」を中に含む。
「氣」は、「八方広がり」を中に含む。

「〆る」のは気を閉じ込めてしまうのでよくない、氣は四方八方に出さなければならない、だから「氣」だ、という人もいる。
いや、気を内側に取り込まなくてはならない、だから「気」だ、という人もいる。

両方、正解。
僕は、どちらでもいいと思う。
[PR]
by hotshark | 2004-10-30 06:36 | 武道について