<   2004年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

携帯電話って意外に強い?

あなたは遭遇したことがあるだろうか?
携帯電話水没事故。
僕は先日とうとうやってしまった。

月曜日、僕は同僚と二人で飲みに行った。
21時頃のスタートだったと思う。
1時間半くらいで焼酎ボトル一本(900ml)が空いた。
珍しく彼がもう一軒行こうという。
新地のバー。
ここで僕はハイボールを3杯飲んだ。
記憶が途切れがちになる。

かろうじて最終電車に乗った。
この同僚は同じ沿線で、しかも僕よりも遠方駅なので助かる。
寝ても起こしてくれるからだ。
僕は彼がいるので安心して眠ってしまった。
案の定熟睡したようで、僕が降りる駅で彼が起こしてくれた。
僕はフラフラになりながら電車を降りた。

僕は、気持ち悪くなった。
トイレへ駆け込んだ。
個室で思い切り吐いた。
何度も何度も吐いた。
その時である。

「ドボン」

と、少し大きな物体が便器の嘔吐物の中に落下した。
なんだろう???
次の瞬間、僕は半分酔いが覚めた。

「携帯や!」

僕は習慣として、携帯電話はズボンのポケットに入れる。
しかし今夜は、電車の中でメール着信を確認した際に、無意識に胸ポケットに入れたのだ。
それが前かがみになって嘔吐していた際に落下したのだ。
僕は、嘔吐物の中に手を突っ込み、携帯電話を探し、拾い出した。
水浸しの携帯電話の画面は真っ暗だ。
電源ボタンを押したが、何の反応もない。
自分のアホさを呪った。
水洗いするわけにもいかないので、トイレットペーパーでぬぐった。
もう一度電源を入れようとした。
まったく反応しない。
僕は悔し涙を流しながら、家に帰った・・・

翌朝、ダメだとは思いながら電源を入れてみた。
今度は、真っ白な画面が起動した。
時々、不連続なボタン音が聞こえる。
しかし、それまでだ。
今朝は客先へ直行するのでゆっくり家を出られる。
しばらくすると、なんと通話ができるようになった。
でも、一回限りであった。
最後に言い残すこと言い残して、こいつは昇天した。
そう思った。

携帯電話がかけられないのは本当に不便である。
今朝は、営業担当と待ち合わせるのに携帯電話で連絡を取り合う予定だった。
公衆電話を探したが、無い。
やっと見つけた公衆電話は故障しており通話不能・・・

客先訪問が終わった昼ごろ、画面は真っ白から砂の嵐になった。
会社へ電話をかけたら、なんと通話できた。
生き返った?
でも画面は砂の嵐だ。
メールが使えない。

覚悟を決めてドコモショップへ行き、かろうじて在庫がひとつだけ残っていた同一機種に機種変更をした。
前回機種変更から一年未満なので、一万数千円かかった。
電話帳が転記できたのが唯一の救いであった。
高い授業料だったと自分をなぐさめた。
夜になっても相変わらず画面は砂の嵐。
早く対処(機種変更)しておいてよかったと思った。

翌朝、水没携帯の電源を入れてみた。
なんと、画面が復活しているではないか!
メールも読める!
通話やメールの送受信ができるかどうかは今となってはわからないが、おそらく可能であろう。

携帯電話って、意外に強いもんなんだと驚くと同時に、思い切り脱力した。
[PR]
by hotshark | 2004-02-28 08:18 | 手帳について

うまい酒を求めて

a0002763_173829.jpgいきなり一升瓶は買わず、飲み屋であれこれ試して「これは!」と思うものを買うようにしている。
「閻魔」は、会社の近所の焼き鳥屋で初めて飲んだ。
僕は芋しか飲まないが、店の大将にすすめられて、これを飲んだ。
うまかった。
家の近所の酒屋を何軒かまわってが、置いてなかった。
ある日、近所のスーパーの酒売り場で売られているのを見つけた。
[PR]
by hotshark | 2004-02-22 17:39 | 飲み食いについて

カレーが好きだ

a0002763_165217.jpg僕は、カレーに目が無い。
家庭で作る甘口のカレーから、インド料理店で食べる本格的なものまで、とくかくカレーが大好きだ。
先日は三日間、昼飯(外食)と晩飯(家食)がカレー連続だったが、飽きない。
というより、毎日でも食べたい。
で、今日、gesotokuさんの料理道場にならって、チキンカレーを作った。
まだ味がこなれていないが、堂島クマールで食べるチキンカレーの味に近いやんか!
これは感動。
ありがとう!gesotokuさん!
[PR]
by hotshark | 2004-02-22 16:01 | 飲み食いについて

焚き火料理に欠かせないもの2

a0002763_15533.jpg最近は直火禁止のキャンプ場がほとんど。
そこで活躍するのが、焚き火台。
僕が愛用しているのはユニフレーム製のファイアグリル。
焚き火はもちろん、炭火焼にもこれを使うし、
トライポッドと組み合わせてダッチオーブンの火床としても使える。
食事の後は、薪や炭が完全燃焼するまで、好きな酒を飲みながら、
暗闇の中で静かに火を見守る・・・キャンプの最大の楽しみのひとつだ。

商品詳細とお買い求めはこちらからどうぞ
[PR]
by hotshark | 2004-02-22 15:54 | 道具について

焚き火料理に欠かせないもの1

a0002763_73951.jpgまずは、トライポッド。
写真ではわかりにくいけど、ダッチオーブンをつるしている三脚のようなもの。
僕は、ロッジ社製を愛用している。
これが一番シンプルで頑丈だと思う。
お勧めです。

商品詳細とお買い求めはこちらからどうぞ
[PR]
by hotshark | 2004-02-22 07:40 | 道具について

それ以降は、家族だけで。

a0002763_214443.jpg2002年のお盆休みに、2泊3日ででかけた自然の森ファミリーキャンプ場
嫁さんは、昨年の酷暑のキャンプが相当こたえたらしく、
「夏のキャンプは絶対にイヤ!」と言い張っていた。
でも、なんとか説得してでかけた。
ここは、大阪の山の中にあるキャンプ場。
同じ大阪とは思えないほど、自然に囲まれたキャンプ場である。
夜は真っ暗、とても涼しい。
事前に「木陰希望」とリクエストを出していたためか、
管理人さんが最適のサイトを準備してくださったので、昼間もとても快適に過ごせた。
[PR]
by hotshark | 2004-02-21 21:45 | キャンプ・旅行日記

明日の稽古は、

a0002763_212318.jpg先生がお休みされる。
だから、我々有段者で稽古の運営をする。
先生は何気なしに休んでおられるように見えるが、実は違う。
我々がどう対処するのか、おそらくそれを試しておられるのだと思う。
でも、それは決して作為的ではない。
先生の自然の行為である。
そこが、すごい。
なんというか、凡人には真似できないすごさである。
そこには、力みもないし、策略もない。
でも、結果として大きな意味のあることをされている。
できない、僕にはできない。
[PR]
by hotshark | 2004-02-21 21:24 | 合気道稽古日記

なんじゃこりゃ

店頭で、CLIE PEG-TH55を手にとってさわってきた。
起動した途端に「なんじゃ、こりゃ。アカンわ」と思った。
Palmとは別物、そんな印象だ。
操作の仕方がぜんぜんわからない。
余計なものがたくさんついている。
複雑、怪奇。
Simpleが身上のPalmデバイスが、SONYが味付けするとこんなにも醜いものになってしまうのか。
慣れればすむんだろうけど、僕はダメ。
受け付けない。
ちょっと悲しい。
いや、すごく悲しい。
当分、バッテリーのイカレた650Cをだましだまし使うことにしよう・・・
[PR]
by hotshark | 2004-02-21 18:08 | 手帳について

単なるフライパンじゃないよ

a0002763_16548.jpgロッジ製のスキレットと呼ばれる鉄製フライパン。
ハムエッグが驚くほどおいしくできます。
他にも使い方を工夫することにより、いろんな料理ができます。
購入の際は、ぜひふたも一緒に買ってください。

商品詳細とお買い求めはこちらからどうぞ
[PR]
by hotshark | 2004-02-21 16:06 | 道具について

ブラックポット

a0002763_16132.jpg愛用の鉄鍋、ロッジのキッチン・ダッチオーブン。
僕は10インチを使っています。
キャンプはもちろん、家でもよく使います。
煮込み料理がとてもおいしくできます。
現在いろんな種類のダッチオーブンが出回っていますが、
これが一番使いやすいのではないでしょうか?
ローストビーフを作るときは、無理やりふたの上に炭を乗せます。
たくさんはのりませんが、大丈夫です。

商品詳細とお買い求めはこちらからどうぞ
[PR]
by hotshark | 2004-02-21 16:02 | 道具について