整体で日本を変える

a0002763_15463076.jpg

私たちの師匠である村松幸彦先生は、一貫して「整体で日本を変える」をスローガンとしていました。

整体で日本を変える・・・とても大袈裟なことに聞こえます。
しかし、村松先生は本気でしたし、先生に師事をした私たち弟子も本気です。

ただし、変えるのは自分自身です。
自分を見つめ、自分を磨き、自分を高めることでしか、何かを変えることはできません。
村松先生は、私たち弟子にそのように説いておりました。

私たちが村松先生から伝授された「心躰法」とは、文字通り“心”と“身体”の法です。
“法”とは、のっとるべき事柄のことです。
つまり、心と身体のあり方を説くのが「心躰法」であると私は理解をしています。

「心躰法」では整体技術が主となりますが、何よりもまず重視されるのは“心”です。

療術家(施術家、整体師)は、人さまの身体に触れることを仕事とします。
身体は命を宿すものであり、この世においては命そのものと言っても過言ではないと思います。
つまり、整体とは命に触れる仕事と心得るべきと考えます。

だから、私たちは常に真剣であらねばなりません。
毎日、毎瞬、この世にたったひとつしかない、かけがえのない命に触れさせていただくのですから。
だから、心が大切なのです。

心を忘れた技術は、根のない草花のようなものです。
一時きれいに咲いたとしても、いつか枯れてしまうのは自然の理です。
また、優れた技術であればあるほど、使い手を選びます。
切れ味のよい刃物は、使い方によってはたいへん危険であるのと同義です。

だから、心躰法においては、心の在り方を何よりも重要視するのです。
自分起点であることを大原則に、まずは自分を見つめ、自分を磨き、自分を高めることを説くのです。
それがこの道を歩もうとする者の第一歩であると説くのです。

「富士山のように、泰然として、堂々と胸を張って生きよう」

村松先生は、よくそのように申しておりました。
人間だから煩悩もあるし、迷いもあるし、矛盾もある。
しかし、お天道様に恥ずかしいことだけはするな、心をだますな、自分に嘘をつくことだけはするな。
私たち弟子に対して、常にそのように説いておりました。

上の写真は、昨年12月の忘年会の朝、村松先生がご自分で撮影して弟子に送ってくださったものです。
新しい月の最初の日記を飾るに相応しいと思いましたので、ここに掲載させていただきます。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_12192376.jpg心身楽々堂 院長が、健康に関する真摯な思いや、お役に立つ情報を執筆中!
できるだけ毎日更新しています!
こだわりと思いやりの健康小話をぜひお読みください!

[PR]
by hotshark | 2010-02-01 15:46 | 整体師日記
<< 武和一如 村松先生へ(6) >>