村松先生へ(4)

a0002763_15501692.jpg村松先生、いかがお過ごしですか?
肉体を離れ、楽しんでおられますか?

昨日は、私のところで講座を開きました。
遠方から応援にかけつけてくださった先生もおられ、とてもありがたく思いました。
みなさん、村松先生を慕って集まってこられるのです。

「稀代の整体師」

ある業界関係者が、村松先生のことをこのように表現されていたそうです。
先生も覚えていらっしゃるでしょう。
昨年、先生の施術をご覧になり、またご自身で施術を受けて驚嘆されていた、あの方です。
この業界に精通され、他の療術や先生方をよくご存じの方ですから、この方の言葉にはとても説得力があります。

村松先生は相手が誰であろうと、敬意をもって、平等に接しておられました。
誰かの批判をしたり、悪口をおっしゃっていることは、聞いたことがありませんでした。

とはいうものの、先生も人間です。
ごくたまに、「あいつは、ほんとしょうがないんだよな」と愚痴めいたことを口にされることはありました。
しかし、その言葉の裏にも相手に対する配慮や思いやり、そして深い愛情が感じられました。
先生を傷つけた人間、貶めた人間、中傷した人間に対してでさえ、そうでした。

先生のそういった、人に対する深い愛情と思いやりが、冴えわたる技の極意ではないかと私は思います。
実は、先生が我々弟子にいちばん伝えたかったことが、これではないかと思っています。
そしてその信念や実践内容が、業界精通者をもって「稀代の整体師」と言わしめたのではないかと思います。

さて、先生がいらっしゃらなくなって、10日が過ぎようとしています。
数日前にも書きましたが、今後の塾運営のことをとても心配する門下生がいます。
でもその一方で、あまり心配していない門下生もいるのです。
昨日、私のところへ来てくれた門下生は、そうでした。
とても楽しそうに、そして嬉しそうに、かつとても熱心に学んでいました。

なぜか。
それは、村松先生が彼らの心の中に生きておられるからだと私は思います。
真剣に学ぼうとする者の心の中に、先生の魂が宿るのだと思います。
もちろん、私も学び続けています。
見えない回路を通じて、先生が応援してくださっていることをありありと感じます。
そのせいか、一切広告をしていないのに、新患さんが次々来てくださいます。

「人生に無駄はありません。どんな時も、楽しみましょう、喜びましょう」

先生はいつもいつもそうおっしゃっていました。
先生、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_12192376.jpg心身楽々堂 院長が、健康に関する真摯な思いや、お役に立つ情報を執筆中!
できるだけ毎日更新しています!
こだわりと思いやりの健康小話をぜひお読みください!

[PR]
by hotshark | 2010-01-25 15:50 | 整体師日記
<< 村松先生へ(5) 村松先生へ(3) >>