村松先生へ

a0002763_22141690.jpgいま、どこにおられるのですか?
何をされているのですか?

もう電話をしてもお出にならないし、講座や研修にも来られない。
なので、こうやって語りかけるしかないのです。

先生と一緒に写っている写真を探しました。
残念なことに、まともな写真が見つかりません。
アホをやっているか、泣いているか、どちらかしかありません。
いったい、何をやっていたのでしょうね。

「生まれ赤子の心に帰ろう」

先生がよくおっしゃっていた言葉です。
ただ喜び、笑い、泣き、立ち上がり、歩き、転び、また立ち上がる・・・
無心に今を生きる。
妬みも嫉みも恨みも怒りも憎しみも一切せず、我を忘れて生きる。
先生はそんな生き方をされていました。

だから、多くの人が先生のお人柄にひかれるのでしょう。
先生の笑顔にひかれるのでしょう。
そして、先生を慕って集まってくるのでしょう。

だけど先生、とても困ったことが起きています。
先生がいなくなってしまったのに、先生に学びたいという人がたくさんいるのです。
村松先生はもう教えられないと申し上げても、お聞きになりません。

先生、どうしたらいいですか?


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_12192376.jpg心身楽々堂 院長が、健康に関する真摯な思いや、お役に立つ情報を執筆中!
できるだけ毎日更新しています!
こだわりと思いやりの健康小話をぜひお読みください!

[PR]
by hotshark | 2010-01-18 22:23 | 整体師日記
<< 村松先生へ(2) 獅子は千尋の谷にわが子を落とす >>