もっとも重要な社会インフラとは?

それは、電気でしょうか?ガスでしょうか?交通網でしょうか?
それとも通信ネットワークでしょうか?

私は、「心と身体の健康」だと考えています。

インフラ、つまりインフラストラクチャーとは「基盤」という意味です。
基盤がしっかりしていないと、その上に立つものは不安定になります、揺らぎます。

建物でいうと、地盤にあたります。
いくら強固な基礎を打設しても、頑丈な構造を採用しても、地盤が不安定だと建物も不安定になります。
いわゆる「砂上の楼閣」というものです。

人類すべての営み、つまり社会は「心と身体の健康」という基盤の上に成立すると考えます。
心と身体の健康がしっかり守られていないと、社会が不安定になり、大きく揺らぐのは自然の理です。
そして、大揺れに揺れているのが、現代社会ではないかと思います。

毎年三万人を超える自殺者、政治家や企業の不祥事、異常で残忍な事件、犯罪の低年齢化・・・
そして世界的な経済危機や食糧問題、環境問題なども、心と身体の健康という社会基盤の不安定さに根ざしていると私は考えています。

私がてがけているのは、単なる整体院経営ではありません。
整体を金儲けの手段だとも考えていません。
私はこの仕事を「心と身体の健康という社会基盤整備事業」だと考え、取り組んでいます。

心と身体の痛みや不調で悩んでいる人、困っている人の力になるのは、当然のことです。
しかし、それだけに留まりたくない。
常にその先を見つめながら、目の前にいらっしゃる方に全力で対応したいと思っています。

そして、私たちの療術、私たちの考え方、私たちの生き方を、広くお伝えしていきたい。
こうやれば、お金をかけず、自分で自分の健康を守ることができる。
いざというとき以外は病院に行かなくてもいいし、薬を飲む必要もない。
そのことをお伝えしたいのです。

日本の年間医療費は、30兆円を超えるといわれています。
それが半分~1/3になったら、どうなると思いますか?

私は、滅多に病院へは行きません。
薬も飲みません。
でも、健康そのものです。

少し気をつければ、誰でもそうなれるのです。
日常的に病院や薬の世話になることなく、生活することができるのです。
その事実と方法をお伝えしたいのです。

「心と身体の健康という、もっとも重要な社会インフラを整備するために」
「子供たちの、子供たちの、子供たちへ、住みやすい社会を残すために」

ちっぽけな個人経営の整体院に何ができるでしょう?
たいしたことはできません。
でも、私はやります。
それが、私の今世における使命であることに気付いたからです。
やらずにはいられないのです。

他にもいろんなビジョンがあります。
やりたいことがいっぱいです。
また機会を改めて、ここでご紹介してまいりたいと思います。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_12192376.jpg心身楽々堂 院長が、健康に関する真摯な思いや、お役に立つ情報を執筆中!
できるだけ毎日更新しています!
こだわりと思いやりの健康小話をぜひお読みください!

[PR]
by hotshark | 2010-01-05 19:36 | 整体師日記
<< PREMIUM RED ALE サラリーマン時代に憧れていたこと >>