仕事着

a0002763_20503596.jpg現在私は、仕事着として作務衣を愛用しています。

作務衣を着用するきっかけとなったのが、昨年9月に参加した一泊参禅会です。
わずか二日間のお寺体験でしたが、日本の素晴らしい伝統や習慣をたくさん再発見しました。
作務衣も、そのひとつでした。
以来、仕事着として作務衣を愛用しています。

作務衣は、動きやすく丈夫なので、愛用されている療術家の先生も多いと思います。
最近、ネット通販で、気に入った店があったので、ご紹介いたします。

サムエライフという、作務衣専門のネットショップです。
このネットショップの母体は、お寺さんへ法衣や袈裟を納めておられる法衣店さんです。
ゆえに、作務衣についても僧侶用のものをベースにデザインした、実用性の高いものを取り扱われています。
ただし、私は腕を締めつけられるゴム袖(袋袖)が苦手なので、筒袖のものを購入しましたが。

思えば、私は会社員時代からネクタイやスーツが苦手で、いつも比較的ラフな服装をしていました。
上司や同僚から、さんざん厭味を言われたことが、今となっては懐かしいです(笑)


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
[PR]
by hotshark | 2009-10-14 20:50 | 整体師日記
<< ブルー・ソーラー・ウォーター このままでいいのか? >>