天職

a0002763_10523537.jpg天職とは、いったい何でしょうか?
ひとことでいうと、自分が世界一いや宇宙一と思える仕事だと私は考えます。
具体的に言うと・・・

自分はこの仕事に就くために生れて来たのだと心底思える仕事。
どんな苦労や困難も、歓迎すべき課題や障壁に過ぎないと思える仕事。
楽しくて、嬉しくて、寝るのも惜しくなるくらいに熱中できる仕事。
誰に対しても、どこででも、自信と誇りをもてる仕事。

それが自分にとっての天職だと思います。
そして、天職は一人一人異なると思います。
百人いれば、百の天職があると思います。

私は、村松整体塾に入門して初めて、この仕事が天職であると確信できました。

さて、今月も4日間の実践技術講座が終了いたしました。

技法や伝達法の講義もさることながら、なぜこの道を歩むのか、その必然性や使命にまで言及する、とても内容の濃い講座でした。
『自分を創る』というのが、講座を通してのテーマでした。

新しい協力者を得て、新たな事業展開や社会貢献についてのアイデアや意見交換もできました。
改めて、この仕事が自分の天職であると確信を強めました。
とにかく楽しく、充実した4日間をありがとうございました。

さて、受講生の一人が次のように言いました。

「ここで学ぶ仲間は、親友というより、家族という感じがします」

いや、もしかしたら、家族以上かもしれないと私は思います。
村松整体塾の門下生は全員、自分の天職を心から求めている、あるいは天職を得た者ばかりです。
そこが共通しているから真剣になれるし、お互いのことを思いやれる。
その結果、自分が自分でいれらる、そんな安心感があります。

会費や規則で縛られる、希薄な人間関係とはレベルが異なります。
以前所属していた団体では感じられなかった充実感と幸福感、そして心の平安を私は感じます。
これは、どちらが良い悪いではなく、合う合わないということだと思います。

別の言葉で表現すると、類は友を呼ぶとでもいいましょうか。
私は、嘘や虚飾が大嫌いです。
真心のこもっていない感謝や感動は意味がないと思うし、それを押し付けられると気持ちが悪くなってきます。
お金儲けをすることよりも、人間を磨くことが大切だと考えます。
宇宙や人生の本質や真理を探究し、自然な流れにのりたいと思います。
村松整体塾には、やはりそのように感じたり、考えたりする人たちが自然に集まってきています。

私は、ここで精進できることを、本当に幸せに思います。
ありがとうございます。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
[PR]
by hotshark | 2009-09-07 08:52 | 整体師日記
<< 播磨屋ステーション 9月の実践技術コースを開始しました >>