ユニバーサルデザイン

来週の9月2日(水)に、K-DESPA/ユニバーサルデザイン研究会という異業種交流会があります。
そこで、私の整体の師匠である村松先生が講演をするそうです。⇒詳しくは、コチラ
もちろん私も参加させていただく予定です。

さて、ユニバーサルデザインとは何でしょうか?
Wikipediaによると、以下のような記載がされています。

ユニバーサルデザイン(Universal Design、UDと略記することもある)とは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。

そして、ユニバーサルデザインの7原則として、以下のような記述があります。

どんな人でも公平に使えること
使う上で自由度が高いこと
使い方が簡単で、すぐに分かること
必要な情報がすぐに分かること
うっかりミスが危険につながらないこと
身体への負担(弱い力でも使えること)
接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること


これを読み、なるほど!と思いました。
私たちの村松整体塾 心躰法講座も、ユニバーサルデザインを目指さなければならないのだと・・・

こうやって、村松先生がK-DESPAにご縁をいただき、講演をさせていただくのも、必然なのだなとつくづく思いました。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
[PR]
by hotshark | 2009-08-26 22:56 | 整体師日記
<< コメントを承認制にしました 練習会を開催しました >>