現代人に必要な「健康を守る、責任力」

先日、あるテレビ番組で「日本の医療の未来は・・・」というテーマで、各政党の代表の方々が討論をされていました。
いろんな意見や主張がありました。
しかし、どれもこれも「高齢者は病気になって、医者や薬の世話になる」ということを前提に述べられているように感じました。
日本を代表する方々の健康に対する意識はこの程度なのかと、少々落胆いたしました。

年齢を重ねると、確かに体力や筋力は衰えます。
若い時のように無理もきかなくなります。
しかし、そのことが病気や身体の不調に直結はしないと、私は思います。
ましてや、高齢者の誰もがお医者さまや薬の世話になる必然性など、まったくないと思います。



病気になったり、身体に不調が出るのは、生活習慣や食生活、あるいは心の持ち方に原因があります。
もちろん中には先天的なものや、伝染や不慮の事故による避け難いものもあると思います。
しかし、ほとんどの病気や不調は、自分が作り出したものといっても過言ではないと私は思います。

健康を損ねている場合は、何らかのサインがあるはずです。
身体の痛み、不快感、動作のしにくさ、疲労感、気持ちの消沈、便秘や下痢、顔色が悪い、むくみや充血などなど・・・
いずれも身体が発している声であり、まずはそれをきちんと聞いてあげることです。
ちいさな声でも無視をせず、気付くことです。
そして、その原因を探ってみて、改善できるものは改善すべきです。

人間には、不具合は自分で治癒できる素晴らしい能力が備わっています。
原因を絶ち、休息していれば、その力が発動されます。
それが自然な姿であり、理にかなっているのです。
たとえ薬を飲んだり、手術をしたりしても、最後はその力を使わねば、本当の治癒はできないのです。

定期的に健康診断を受けることが、健康を守る・・・
病院へ行くことが、健康を守る・・・
薬やサプリメントを飲むことが、健康を守る・・・

もちろん、それらが間違いだとは申しません。
しかし、そのような健康の守り方は、あまりにも他人任せ過ぎるように私は思います。

人間は、健康であることが本来の姿なのです。
健康であるのが、当たり前なのです。
調子が悪ければそれに気付き、修復できる能力が備わっているのです。
そしてその気になれば、年齢がいくつになろうと、健康でいられるものなのです。
まずはその視点に立脚すべきです。

しかし、健康であり続けるためには工夫や努力、時には我慢が必要です。
それをせずして、いきなり病院や薬に頼るのはどうかと申し上げているのです。

病院に通ったり、薬を飲むには、お金がかかります。
そしてお医者さまや看護師さん、薬剤師の方など、たくさん人々の労力を必要とします。

しかし、健康保険に加入していれば1~3割の個人負担で済むから、気軽に頼ってしまうのだと思います。
その結果、症状が改善することなく何年も病院に通ったり、何種類もの薬を飲み続けたりするのです。
たいへん酷な言い方かも知れませんが、そのような状態は、自分の健康に対する責任を放棄しているも同然だと私は思います。

「日本を守る、責任力」・・・ある政党が盛んに宣伝しているキャッチコピーです。
言うまでもなく、日本という国を構成する最小単位は個人です。
そして、心身の健康は、人間が生きるための地盤のようなものです。
ゆえに政党のコピー風に言えば、個人が「健康を守る、責任力」を持たねば、国を守ることなど絶対にできないと思います。

政治の舵取りをする責任ある方々にも、健康に対する違った視点や観点をお持ちいただきたいと私は思います。
そして、正しい健康観や健康施策を国民に提示して欲しいと願います。

参考:9割の病気は自分で治せる


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
[PR]
by hotshark | 2009-08-17 11:13 | 整体師日記
<< 「村松整体塾」ホームページリニ... 願望実現ツール >>