自律、そして自立

a0002763_8235452.jpg私の施術所では、 「自然」 「根本解消」 「自律・自立」 を経営の三本柱にしています。
つまり、身体の痛みや不調を訴える方を健康に導くにあたり、自然の理に則ること、根本解消をはかること、そして自律し、自立できるようにすること、これら三つのことを基本方針にしています。

昨日の「実践技術コース」の講義では、自律・自立の大切さが取り上げられていました。



痛みや不調には、必ず原因がある。
そして、その原因を作っているのは、自分自身である。

ときどき、この当たり前のことを忘れておられる方がいらっしゃいます。

痛みや不調を他人のせいにし、不満や愚痴や泣き言を言い、その解決を他者に委ねる・・・
これでは、いつまでたっても改善されませんし、良い人生を送ることもできません。

身体は、自分の魂がこの世で修行をするための乗り物のようなものだと私は思います。
痛みや不調が出るのは、身体がSOSサインを出しているということです。
何か無理をしている、常軌を逸している、休憩が必要だ、それを知らせてくれているのです。
そう思うと、ありがたいと思えませんか?

乗り物、つまり身体を操舵するのは、自分の心です。
心は自由です。
誰も入ってくることはできませんし、心のあり方は100パーセント自分次第です。

このように、痛みや不調にどのように対処するのか。
どのような心がけでいるのか。
心と身体を自分で律し、自立を目指すことが、とても大切である・・・

そのことを我々のところへ来られる方にご理解いただき、その方の人生を良い方向へ導いていくことが、我々の最も大切な仕事のひとつです。

昨日は師から、改めてそのことを学びました。
ありがとうございました。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。
[PR]
by hotshark | 2009-07-04 08:46 | 整体師日記
<< 耕すこと・・・心躰法 実践技術コース 不思議なご縁 >>