離れていかれる方

とても残念なことですが、せっかくご縁をいただき、心身楽々堂にて施術を受けていただきながら、回復を待たずに途中で離れていかれる方が時々おられます。
先日もある年配のご婦人が「私の身体には、やはり鍼が合うようです」といって、次回の予約をキャンセルされました。



この方は、二年間、毎週一回、鍼灸院に通っておられたそうです。
それでも症状の改善が見られず、当院を訪ねて来られました。

私のところでは、合計3回施術しました。
長年の痛みや慢性の不調は、回数が必要であることを最初にご説明しました。
また、当院の無痛自然療法は、ご本人の自然な身体の力で治癒していくものなので、回復が自然で穏やかであることもご説明しました。
だから、数回で効果を判断するなら、最初から施術を受けない方がよいこともお伝えしました。

それをご納得のうえで施術を受けていただいたのですが、上記の通り、鍼灸院へ戻っていかれました。
二年間も改善がされなかったにもかかわらず、です。これはなぜでしょうか?

ひとつは、先生に対する信頼感ではないかと思います。

鍼灸院の先生は60歳を越えられており、大ベテランという雰囲気をお持ちだったようです。
それに比べて私は若いし、療術家としてのキャリアも浅い。
店も昨年できたばかりで、新しい。
この年配のご婦人には、その鍼灸院の先生の方が信頼がおけたのでしょう。

もうひとつは、施術を受けた感じではないかと思います。

鍼灸は、それなりの刺激を伴うので、改善するしないに関わらず、「効いた」という感じがするのでしょう。
それに対して当院の無痛自然療法は、ほとんどの方は「いったい何をされたかわからない」「知らないうちに終わっていた」という感想をお持ちになるくらいに、刺激の少ないものです。
だから身体に優しく、効果も高いし、根本治癒が可能になるのですが、それがなかなか理解されない。
このご婦人にとっては、私の施術はあまりに頼りなく、こんなもので治らないと判断されたのでしょう。

いずれにせよ、私の力不足であり、とてもよい勉強をさせていただきました。
ご縁をいただけましたこと、心より感謝申し上げております。
このことに限らず、日々勉強の連続であり、成長のチャンスにあふれています。
ありがとうございます。
[PR]
by hotshark | 2009-06-14 17:05 | 整体師日記
<< 師が動き出す(実践技術コース開講) 久しぶりの東京出張 >>