守り神

a0002763_20111768.jpg心身楽々堂の守り神、ビリケンさん。
このビリケンさんは、私が会社を辞めるときに、同僚たちが贈ってくれたものだ。
ずっと、当院の室内に鎮座し、私を見守り続けてくださっている。

本当にいろんなことがあった。
私の喜び、感動、幸せ、充実感、悔しさ、さみしさ、落胆、焦り・・・ビリケンさんは、すべてご覧になってきた。
そして、いつも静かに教えてくれる。

「すべてが大切な贈り物なのだ」と。

懐かしい同僚たちの顔を、一人一人、思い浮かべつつ・・・
[PR]
by hotshark | 2009-05-26 20:15 | 整体師日記
<< 施術家として、もっとも大切なこと 覚悟を決めた、ある女性のひとこと >>