なぜこの仕事を選んだか?(2)

僕には、夢がある。
それは、

日本を良い国にしたい

ということである。
そのために、このプロ療術家という職業を選んだ。
長い間探し求めていた天職とさえ思っている。
残る半生のすべて、全力でこの仕事に取り組む所存である。
以下にその理由を述べる。

元来、日本は本当に素晴らしい国であった(もちろん、今でもよいところはたくさんあるが)。
自然と共生し、高い倫理観念をもち、勤勉で慎ましい国民性があった。
独自の文化、美学、哲学があった。
それらをもって、諸外国からは畏敬の念をもって見られる、世界にも類がない国であった。
それが最近はどうであろう。

毎日のように報道される、異常で惨忍で理不尽な事件。
政治汚職や企業の不祥事。
陰湿ないじめが絶えない教育現場。
増加する不登校者や不就労者。
年間3万人を超える自殺者・・・

このようなことを書きだすと嫌になるが、戦後の高度経済成長やバブル経済のツケが今になって噴出している、そんな感じはしないだろうか。
本当にいいようのない閉塞感が蔓延し、どうしようもなくなっているのが、現在の日本ではないだろうか。

僕は微力ながら、そこに一石を投じ、同じ想いの方々と手を携え、大きな動きを起こしていきたいと考えている。
その一石が、プロ療術家、それも超一流のプロ療術家への転身である。



しかし、そんなに簡単にプロ療術家になれるのか?
何年もの修行が必要ではないのか?・・・
人からは、よくそう聞かれる。

それが、いとも簡単にプロ療術家になれるのである。
自分がいま「私はプロ療術家です」と名乗れば、それでおしまいである。

しかし、治せる技術がないと、プロ療術家とはいえないのでは?

もちろん、その通りである。
でも、たった二日間で治せる技術が身につくのである。
事実、身に付いたのである。
それが、私が身につけた「からだリセット療法」のもっともすごいところである。

あとは、技術の精度を高めるために、できる限り施術回数をこなすことである。

僕は今月、目標施術回数100回とし、すでにそれを達成している。
来月の目標は150回であり、今後一月ごとに目標回数を50回ずつ上乗せしていく。
現在受講中の達人コース修了となる11月には、月間300回の施術をこなすことを目標としている。
この回数は別段驚くべきことでもなく、現在一緒に学んでいる先生方のうち数名の方は、すでに達成されている。
(注:学院標準は、月間施術回数400回である。なので、後日、僕も11月には400回を達成することを誓い、村松副学院長と西村校長にお約束をした。2008年8月30日追記)

このように学びながら稼げる教育を行ってくださるのが、僕がいまお世話になっている日本回復整体総合学院である。
この「からだリセット療法」の技術は、非常に武術と共通する部分が多い。
また日本回復整体総合学院の経営哲学、実践内容、そして教えていただく内容は、武士道そのものといっても過言ではない。

そして、同学院が目指すのは「この療法を通じて日本を変えたい」ということである。
日本全国にこのからだリセット療法の使い手を増やし、日本人全体の心身の健康回復に寄与する・・・それが学院運営の狙いである。

僕はこのことを、今年の1月の技術セミナー後の懇親会にて、同学院の副学院長である村松幸彦先生から直接うかがい、大いに感銘を受けると同時に、大いに共感をした。
そして、自分の進むべき道をその場で決めたのである。
あのとき、村松先生と握手を交わし、涙が止まらなくなったことを、今でも鮮明に覚えている。

昔に戻ることはできない。
しかし、日本人が本来備えていた自然と共生する知恵、他人を思いやる心、慎み深く気高い人間性、これらを取り戻すことは可能だと考える。
それが日本をよくする道であり、それが世界貢献につながると信じている。
僕一人の力などたかが知れているが、思いを同じくする方々と手を携え、自分の夢に向かって邁進したい。
[PR]
by hotshark | 2008-07-27 06:34 | 整体師日記
<< 友人 会社を退職いたしました >>