悟りを開いた?

僕は15年ほど前、突然“悟りを開いた”、そんな感じを味わったことがある。
こんなこと言うと「ヘンな人」みたいであるが、本当である。

あれは、仕事で欧州へ出張したときのことである。
初めての欧州文化を肌で感じ、緊張と興奮が最高潮に達し、非常に感度が上がっていたのだと思う。
単独でドイツの街を歩き回っているとき、突然次のようなことが頭の中に浮かんだ。

(1)人生は楽しむためにある
(2)自分がやりたいことは何でもできる

これは本当に不思議な感覚であり、突然このふたつの言葉がぽんっと浮かび、同時に強い納得と確信をもっていた。
その瞬間、視界がぐんと広がり、周りの風景が鮮明で明るくなったような気がした。
あとで思うと、あれは確かに小さな“悟り”であったのだ。

それ以来、僕は少し変わったと思う。

<続く>
[PR]
by hotshark | 2008-02-17 06:32 | 整体師日記
<< 本日の稽古日記 3月29日 琢... 天職 >>