キャンプレポート「無印良品南乗鞍キャンプ場」(6)キャンプ二日目-2

a0002763_1310155.jpg

今日は、たいへんに良い天気である。
やや雲が多いが、空の色が本当に美しい。
クーラーボックスからギンギンに冷えた缶ビールを出し、栓をあけ、一気に飲み干す。
風呂上りの喉の渇きを我慢していたので、死ぬほどうまい。
これがキャンプの醍醐味とは言わないが、来てよかったと思う瞬間のひとつである。



a0002763_17295891.jpg今回は、ロッジドームテントのみで、タープは張らないことにした。
D22サイトまわりは木立が多く、タープを張らずとも十分に木陰があり涼しいからだ。

←キッチンまわりは、写真のようにレイアウトする。
前室内にストックヤード、クーラーボックス、ウォータータンクを配し、外に調理台+ツーバーナーのキッチンセットを設置する。
この日の午後は、ここでラタトゥユとポテトサラダを作った。
なお、このキッチンセットは、雨天時や夜間は、ロッジドーム内の前室に格納する。
a0002763_17352443.jpgキッチンセットの奥、ロッジドームの右手に、第二リビングを設置する。→
ここは木々が覆いかぶさるように立っており、一日中、ほとんど直射日光が当たらない。
また少々の雨であれば、濡れることもない。
常に涼しい風が吹きぬける、たいへん快適なスペースである。
子供たちは、ここにコットを置いて昼寝をしたり、本を読んだり、またテーブルで夏休みの宿題をする等、思い思いにのんびり過ごしていた。
僕は言うに及ばず、朝からここで数本の缶ビールを空けた。

a0002763_1741324.jpg←第二リビングの反対側、ロッジドーム右手に、昼間は強烈に直射日光が当たる場所があるのだが、ここへ物干し場を作った。
物干し場は立木を利用せず、タープを立てる要領で、2本のポールと、3本のロープで作る。
木々を傷めないし、場所が自由に選べるし、高さの調整も容易だからだ。
a0002763_17505657.jpgこの日は午後から天候が崩れ、一時激しい雨が降った。
そのため、晩飯はロッジドームの前室でとった。
少々狭いが、これはこれで楽しい。

夜には雨があがり、みんなで焚き火を囲む。
星空は見えなかったが、静かなキャンプの夜を満喫することができた。
つづく
[PR]
by hotshark | 2006-09-10 13:13 | キャンプ・旅行日記
<< 怪我をしました キャンプレポート「無印良品南乗... >>