本日の稽古日記 9月10日、11日 夏季合宿レポート(1)

a0002763_11291128.jpg9月10日~11日、一泊二日で枚方合気道同好会の夏季合宿を行いました。
参加者は約20名、初心者からベテランまで、また年齢も10代~70代までと幅広く、それぞれがそれぞれの立場で、楽しく、有意義な二日間を過ごすことができたと思います。

先生をはじめとする合宿に参加してくださったみなさま、たいへんおつかれさまでした。
そして、幹事をつとめてくださったW先輩とSさん、たいへんありがとうございました。
今回の合宿に参加させていただき、改めてみなさまと一緒に合気道の稽古ができる喜びを感じました。
本当にありがとうございました。

以下、今年参加できなかった方のために、また来年の参加を検討されている方のために、合宿のレポートをアップさせていただきます。



■9月10日(土)
行き先は、丹波篠山。
参加メンバーはクルマに分乗し、現地へ向かう。
僕は9時過ぎに2名を乗せ、大山崎ICより高速道路に乗る。
名神高速、中国自動車道、舞鶴自動車道ともに渋滞はなく、1時間半程度で集合場所である「NEWS篠山」に到着。
メンバーがそろったところで、少し早めの昼食をとる。

昼食後、全員そろって丹波総合スポーツセンターへ向かう。
合宿では、いつもここの柔道場のお世話になる。
道衣に着替え、13時頃から稽古開始。

今回、たいへん嬉しかったことのひとつ。
それは、いつもこの柔道場で稽古をされている「合氣道篠山道場」の道場長様が見学に来てくださったことだ。
同道場生の方が偶然、枚方合気道のブログに掲載した合宿の告知をご覧になったとのことだ。
インターネットと合気道がきっかけで人の輪が広がる・・・たいへんすばらしいことである。

今回の稽古メニューは、僕が作らせていただいた。
合宿ならではのメニューを考え、初心者は初心者なりに、ベテランはベテランなりに自分の技を練磨していただけるように工夫したつもりだ。

準備体操と、基本である体の転換の稽古をした後、基本技の稽古を行う。

秋に予定されている昇級審査の四級の審査技を中心に稽古をする。
稽古技は、下記の通りである。

正面打ち一教(表・裏)
正面打ち入り身投げ(表・裏)
正面打ち回転投げ
片手取り四方投げ
片手取り入り身投げ
横面打ち四方投げ
肩取り二教(表・裏)

休憩をはさみ、日常の稽古ではあまり行わない武器技の指導をいただく。
指導してくださったのは先生の他、W先輩、N先輩だ。
それぞれの武器の基本的な構え方や取り扱い方から始まり、木剣による八方切りや、三十一の杖のご指導をいただいた。
ほとんどはじめて木剣や杖をもたれた方もおられたが、上手に扱うことができるようになった。
思い出すと、僕も初めて木剣や杖をさわらせていただいたのは、夏季合宿のときであった。

次は、合気道技を応用した護身術の指導をいただいた。
日常生活においては、危険な場所や人物には絶対に近づかない、また危険な目に遭遇したらできるかぎり速やかにその場を立ち去る、これが護身術の基本だと思う。
そして、自分の中から人と争う気持ちを一切なくしてしまうのが、何よりの護身術になると思う。
ただ、そんな境地になるにはよほど鍛錬を積まねばならないし、現代においてはいつ何が起こるかわからない。
なので今回は、日常においてよくある暴力シーンを想定し、どのようにすればその場を切り抜けられるかを、お互いに研究しあった。
これも、普段の稽古ではなかなかできないことである。

最後に、座技呼吸法の稽古をし、17時前に本日の稽古を終えた。

本日の稽古日記 9月10日、11日 夏季合宿レポート(2)へ続く

a0002763_9465373.jpga0002763_9465935.jpga0002763_947948.jpga0002763_9471598.jpga0002763_9472244.jpga0002763_947275.jpga0002763_9473313.jpga0002763_9474173.jpg
a0002763_947535.jpga0002763_948032.jpga0002763_948740.jpga0002763_9481436.jpga0002763_9482062.jpga0002763_9482751.jpga0002763_9483453.jpga0002763_9484085.jpg
[PR]
by hotshark | 2005-09-17 11:30 | 合気道稽古日記
<< 本日の稽古日記 9月10日、1... ノートから・・・ >>