蒜山高原キャンプ場レポート(3)「到着、設営」

渋滞は予想して余裕をもって出発したが、予定より1時間以上遅れ、午後2時前に蒜山ICに到着。
蒜山高原キャンプ場は、蒜山ICからクルマで約10分と、非常に近いのが魅力。
まずはどこへも寄らず、キャンプ場に直行。
午後2時過ぎにキャンプ場に到着。
センターで受付を済ませ、案内された113番サイトへ向かう。



a0002763_6331911.jpg
ここのキャンプ場は、大きく分けて4つの地区がある。

A地区:オートキャンプサイト
B地区:持込区画サイト
C地区:オートキャンプサイト(新設?)
D地区:フリーサイト
*当キャンプ場に対する個人的評価はこちらの記事をご覧ください

我々に割り当てられた113番サイトは、C地区に属する。
設備が非常に新しかったので、おそらく今年新設(改設?)された地区だと思う。
C地区は、雑木林を切り拓いて作られたサイトである。
A地区が牧場に近く、非常に開放的な雰囲気であるのに対し、C地区は静かで閉鎖的な雰囲気である。
予約申し込みの際に注文をつけたわけではないが、どちらかというと僕はC地区の方が好みである。

C地区のサイトは、いずれも隣接サイトや道路とは段差で区切りがつけられており、適度な距離感が保たれているのがいい。
地面は芝で、ペグが打ち込みやすい。
また後で気付いたことだが、水はけが非常にいいのがありがたい。

我々の113番サイトは、トイレや炊事場からも適度に離れており、とても居心地がいい。
またとても広く、レイアウトがしやすいサイトである。
テントの位置もすぐに決まり、さっそく設営に着手する。
中学生になった長男がよく手伝ってくれたので、1時間少々で最低限の設営を済ませることができた。

蒜山高原キャンプ場レポート(4)「買い物、晩飯」へ続く

*最初に戻る
[PR]
by hotshark | 2005-05-04 06:49 | キャンプ・旅行日記
<< 蒜山高原キャンプ場レポート(4... 蒜山高原キャンプ場レポート(2... >>