新年のご挨拶…真冬の時代において、歩みを進める

a0002763_18462361.jpg

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になり、ありがとうございました。
本年もどうかよろしくお願い申し上げます。


私が、整体の道を歩み始めたのが、ちょうど三年前のこの時期です。
きっかけは、ある整体学校のウェブサイトを見たことです。
自分が長い間探し求めていたものが、やっと見つかった、そんな気持ちでした。

ちょうど、1月末に京都でセミナーが開催されるので、転機のチャンスだと思いました。
しかし、50万円もの大金を投入するのは、勇気が必要でした。
そんな私の背中を押してくれたのが、そのサイトにかかれていた次の言葉でした。

成功の反対は、行動しないことです。

そう、成功の反対は失敗ではなく、行動しないことなのです。
行動が遅く、できないことの言い訳ばかりしていた、サラリーマン時代の私。
このままでは、自分の人生はずっとこのまま。
自分を偽り、自分をごまかし、惰性で生きていくことになるかも知れない・・・
そう考えて、即座に行動を起こしました。

サラリーマンの時と比べると、遥かにたいへんです。
1日の就業時間も長いし、ほとんど休みを取ることもできませんし、収入も減りました。
でも、比較にならないくらいに、毎日が充実していますし、幸せです。
そして何よりも、無限の可能性を感じながら生きています。

これからますます、いろんな意味で厳しい世の中になっていくことでしょう。
でも、景気が悪いわけではなく、それが当たり前なのです。
本物だけが生き残る、そんな世の中になっていくことは、絶対に間違いないと思います。

今朝届いた、奈良の整体の先生のメールマガジンに、高村光太郎の詩が紹介されていました。
「冬の詩」というものです。
以下のリンクから朗読を聴くことができるので、ぜひ聴いてみてください。
http://t-koutarou.net/Entry/79/

いまや社会全体が、まさに真冬の時代です。
企業も、個人も、はたして生き残れるかどうか、それが問われている時だと思います。
厳しい時代をいかに生きるか、苦しい時代をいかに生きるか。
誰しもが、自分の真価が問われる時です。

そもそも整体師は、嘘や誤魔化しがまったく通用しない仕事です。
結果を出さなければ、信頼もされませんし、食べていくこともできません。
保健医療制度にあぐらをかき、適当な処置をして食べている医師や柔道整復師とは、ワケが違います。
真に、技量と人間性が問われる仕事なのです。

だから整体師にとって、現状維持は、退化です。
進歩、成長して、やっと現状維持ができるかどうかです。
しかも、今や整体院の数は、コンビニエンスストアの数を遥かに上回るのです。
常にさらなる進歩、成長をしなければ、生き残っていけない、厳しい仕事、業界だと感じています。

しかしその一方で、整体の仕事には、無限の可能性があると私は感じています。

なぜなら、話を聞けば聞くほど、病院のひどい対応ぶり、でたらめぶりが、浮き上がってくるからです。
ほとんどの病院は、病人を治癒させずに、病人を作っています。
そこに、たくさんの人がむらがっているのが、現状ではないかと思います。
みんな、病人になりたがっているとしか思えません。

だいたい、数値だけで人を判断すること自体が、おかしい。
2時間も3時間も待たされて、診察は数分だなんて、まったくおかしい。
話もろくに聴かず、生活背景も知らず、身体に触れもせず、検査の結果だけで診断を下すのがおかしい。
治療が、注射と薬だけというのが、おかしい。
しかも、複数種類の薬を、何ヶ月にもわたって投与し続けることが、おかしい。

それらをおかしいと思わないことが、おかしいのです。
みんな、だまされているのです。
あるいは、保険だから安く済むからいいやと、安易に自分の健康を委ねてしまっているのです。
その先に待ちうけている、痴呆、寝たきりの生活に目をつぶってしまっているのです。

私は、そこに挑戦をしたいと思っています。

現在、病院に何ヶ月も何年も通い、症状が一向に改善しない大勢の方が、私の整体院へ来られます。
藁にもすがりたい気持ちで、あるいは最後の望みを託して、来られる方も多いです。
最近は枚方市内や近郊都市だけでなく、まだ数は少ないですが、新幹線に乗って来院される方も出てきました。
それだけ、お困りになっている方、真剣にお悩みの方が多いということです。

現在、病気だと言われているもののうち、9割以上は本当の病気ではない。
本人が少し気をつければ、たいがいは治癒できる。
病院へ行かなくてもいいし、薬も飲まなくていいし、もちろん整体院に来なくてもいい。
自分で治せる、自分の健康は、自分で守れる。
その具体的な方法を、一人でも多くの方にお伝えしたいと思っております。

その挑戦に、一緒に取り組んでくれる仲間を募っています。
整体師はもちろんのこと、医師や、栄養士や、ヒーラーなど、むしろ違う職種の仲間も必要です。
あるいは、企業の経営者、人事担当の方、保険組合の方などの仲間も必要です。
それぞれが自律、自立して仕事をしながら、志と想いを共有しながら、ゆるやかにつながっていきたい。
そう考えています。

今年は、飛躍的に素晴らしい年になることを確信しています。

前述の通り、真冬の厳しい旅路になることでしょう。
しかし、たくさんの装備や武器を携え、仲間とともに、大地にしっかりと立っている実感があります。
天と地、大いなる存在とつながっている、絶大なる安心感があります。
揺るがぬ自信に満ち、かつ謙虚に、真理を究める道を歩んでいく希望にあふれています。
そして、自分が光を放ち、世の中の一隅を照らす覚悟と気迫に満ちています。

さあ、一緒に歩んでいきませんか。
みなさんにとっても、最高の一年であることを願っています。

※写真は、今朝、家族とともに行った初詣のひとコマです。真冬の神社の雑木林は、清々しい氣が満ちていました。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_22515492.jpg整体で日本を変える。生きとし生けるものが幸せでありますように。
●本ブログ著者が経営する無痛整体院 「心身楽々堂」
●本ブログ著者が主宰する 「心身楽々堂・整体法講座」
●本ブログ著者が執筆するメルマガ 「不確かな時代に光を見出すために・整体師への道」
●本ブログ著者が執筆した情報教材 「整体師・はじめの一歩」
[PR]
by hotshark | 2011-01-01 19:00 | 整体師日記
<< これは、スゴイ!・・・「お風呂... 今年一年、お世話になりました。... >>