仕事納めの日に、師匠と語り合う

a0002763_22224863.jpg今年は、昨日、12月30日が仕事納めであった。
夕方から店の大掃除をし、夜の9時頃に一段落した。
つまみを買ってきて、師匠とともに飲んだ。

師匠は、今年の1月に急逝した。
だからいまは、この世にはいない。

しかし、生前によく言っていた。
俺は死なない、だって肉体は本当の俺じゃないから・・・と。
そして、それを証明してみせた。

そう、師匠は死んでないのである。
生きているのである。
私には、わかる。
常に対話できる、そう感じる。

亡くなった直後は、谷底へ突き落とされた感じがした。
悲しかったし、さみしかったし、これからどうしていいのか、とても不安だった。
しかし、師匠の霊前で誓いを立てたのちに、何かが変わった。
いいようのない自信と、覚悟が生じたのである。

それ以来、施術の腕も、経営も、急激に伸びた。
決して慢心しているわけではないが、どのような症状にも対応できるようになった。
自分の仕事に、絶対の自信をもてるようになった。

しかし私は、師匠の名を冠した塾を離れた。
私は、自分に嘘をつくことができなかった、自分をごまかすことができなかった。
そして、自分が正しいと思う道を歩むため、独自に整体を教え始めた。

そのことについて、師匠に問うてみた。

「うん、いいよ、それで。しっかりやりなよ」

穏やかに微笑みながら、師匠は答えてくれた。
泣きそうになったが、昨日は泣かなかった。

先生、ありがとうございました。
これからも私は、先生から学んだ生き方を貫きます。
お天道様に恥ずかしくない生き方をします。
そして必ずや、先生のご遺志を引き継ぎ、夢を実現します。
多くの仲間たちとともに。
これからも、どうか仲間たちを見守ってください。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_22515492.jpg整体で日本を変える。生きとし生けるものが幸せでありますように。
●本ブログ著者が経営する無痛整体院 「心身楽々堂」
●本ブログ著者が主宰する 「心身楽々堂・整体法講座」
●本ブログ著者が執筆するメルマガ 「不確かな時代に光を見出すために・整体師への道」
●本ブログ著者が執筆した情報教材 「整体師・はじめの一歩」
[PR]
by hotshark | 2010-12-31 22:35 | 整体師日記
<< 今年一年、お世話になりました。... 会社員時代の仲間とともに >>