あるがまま 成るがまま 王道は自然体

a0002763_20311356.jpg

これも、船井幸雄先生の著書から抜き書きした言葉である。

「無為、調和」

これは、私の師匠である故 村松幸彦先生がよくおっしゃっていた言葉である。
冒頭の船井先生の言葉と、意味は同じである。

自然とは、調和である。
それにいかに近づくか、それが修行であると私は考える。

武道修行が目指す究極も、自然であり、宇宙であると私は考える。
それらと一体となること、それらになりきること、それが武道修行の目的ではないだろうか。
これは、永遠に終わりのない修行である。

整体の修行も、同じである。
自然に近付く、つまり生命の本質に近付くことこそ、その極意でないかと思う。

しかし、難しく考える必要はない。
言い換えれば、よりよく生きるということである。
生き方を磨くということである。

合気道開祖である植芝盛平翁先生も、「合気 即 生活」を説かれていた。
道場で技をかけ合うだけが、稽古でない。
日常の中でこそ、武道を体現すべきと教えられていたそうである。

遠い道のりだが、この道を歩めることを心から幸せに思う。


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_12192376.jpg心身楽々堂 院長が、健康に関する真摯な思いや、お役に立つ情報を執筆中!
できるだけ毎日更新しています!
こだわりと思いやりの健康小話をぜひお読みください!


★心と身体のことでお悩みの方は・・・⇒ ◆無痛整体 心身楽々堂◆ へお気軽にご相談ください。
[PR]
by hotshark | 2010-06-07 20:31 | 整体師日記
<< 愛犬の偉大さを想う 起こることはすべて必然必要 >>