処方箋を渡されても・・・

a0002763_8175444.jpg先日、夕方に施術をしていた時のことです。

突然、見知らぬ男性が入店して来られました。
手を止め、玄関先まで出ていきました。
すると、その男性から「はい、これ。たのむわ」と言われて、紙を渡されました。
内容を確認すると、お薬の処方箋です。

ああ、またか・・・

「薬局はおとなりですよ」とお伝えいたしました。
「え?ここ薬局と違うの?え?え?ああ、どうもすみません・・・」と出ていかれました。

このようなことが、週に数回あります。
処方箋だけでなく、「合鍵をお願いします」と、鍵を渡されたこともあります。

要は、お隣の薬局さんや鍵屋さんと間違えて入店してこられる方がおられるのです。
作務衣姿の薬剤師さんや鍵職人さんも珍しいと思うのですが、入ってくる方は何の疑いもなく入店され、言われるまで間違いに気付かれないようです。

わずかではありますが、お互いに時間の無駄です。
施術中の場合、手を止めて対応しなければならないので、来院者の方にもご迷惑をおかけします。

そこで・・・これだけが理由ではないのですが、のぼり旗を製作いたしました。

写真のものを、店の両脇に設置しました。
昨日から設置したのですが、さて効果のほどは・・・また、ご報告します。

なお、製作はネットで調べ、citto+(早川繊維工業)さんにお願いをしました。
とても対応がよく、思いついてからわずか二週間で、イメージ通りのものが仕上がってきました。
仕上がり品質にも、素早い対応にも、とても満足しています。
たいへんありがとうございました。
※製作例サンプルサイトに写真を掲載していただきました 


人気ブログランキングへ  最後までお読みいただき、たいへんありがとうございました。左のボタンをクリックしていただけると幸いです。

a0002763_12192376.jpg心身楽々堂 院長が、健康に関する真摯な思いや、お役に立つ情報を執筆中!
できるだけ毎日更新しています!
こだわりと思いやりの健康小話をぜひお読みください!


★心と身体のことでお悩みの方は・・・⇒ ◆無痛整体 心身楽々堂◆ へお気軽にご相談ください。
[PR]
by hotshark | 2010-05-19 08:17 | 整体師日記
<< 月に1回、美容院へ行くように、... 自分の殻を破る >>